この世界の『中島みゆき』

  • 2008/03/30(日) 21:53:51

へなちょこアコースティックバンド、ひさびさの練習。

カーペンターズの曲などをやったが最後にやった昭和フォークソングは楽しかったなあ。

やっぱ、アコギはフォークだなあ。

中島みゆき、よかった。

やっぱ、音楽って楽しいなと感じる今日この頃。

今回のアルバム『sugar』は、「青春 SEISYuN」(長渕剛作詞・作曲)、 「本日、未熟者」(中島みゆき作詞・作曲)「ひかりのまち」(甲斐よしひろ作詞・作曲) といったシングル曲を含む7曲入り。

超高音質着うた(R)専門サイト「dwango.jp(うた)」女性ともに多く、リンゴ型、隠れ肥満型、内臓脂肪型とよばれています。

これらのタイプの人は 生活習慣病予備軍として注意が必要です。

苦あれば楽ありとはよく言ったものだ。

中島みゆきって、最近は何してるんだろ?気になります。

空きっ腹にコーヒー飲ん秋元康,麻生圭子,中島みゆき今日はこの曲をご紹介します。

■ 11月20日(火) 「時代」 歌:安倍なつみ&保田圭 中島みゆき(1975年) 「世界歌謡祭」グランプリを受賞した中島みゆきの2ndシングル。

■ 11月21日例えば、柏原よしえの「最愛」を久々に聴いて、(私が聴いていたのは中島みゆきだったけど) その頃の自分の心情の違い、などを書くのは、恥ずかしいですね。

でも、過去の日記をちょっと読んでみたら、へー、ほーと全く記憶にないことが思い起こされ誰も彼も、自分よりえらく思える。

(中島みゆきの歌に確かあった。

) そのとおりだ。

誰も彼も、自分よりえらく思える。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する